(株)清月エンターテイメント

【出演者募集(限定募集)】涙活朗読「人生の大切なことに気づく奇跡の物語」8月公演

time 2018/01/06

【出演者募集(限定募集)】涙活朗読「人生の大切なことに気づく奇跡の物語」8月公演

涙を流すことで心のデトックスを図る「涙活」の発案者、寺井広樹氏が執筆し、2018年4月7日に発売の「人生の大切なことに気づく奇跡の物語」(かんき出版)の中から厳選された作品などを朗読。総合演出は「下妻物語」「姑獲鳥の夏」などの映画をプロデュースした神田裕司氏。2018年5月公演とは朗読する作品が一部変更になります。


■ストーリー
「一言のありがたさ」をテーマにした作品/ボクと7通の手紙(ショートバージョン)(予定)

■寺井広樹(原作)プロフィール
涙活プロデューサー、「涙活」発案者。
「離婚式」の発案者としても知られ、現在までに約500組の式に携わる。2013年1月から「涙活」をスタート。現在、泣ける映画、音楽、詩の朗読など毎回テーマを変えて涙活を開催している。

■神田裕司(総合演出)プロフィール
映画監督。映画プロデューサー。映画「ブリスター!」「幸福の鐘」「下妻物語」「姑獲鳥の夏」「蟲師」「魍魎の匣」「ハードラックヒーロー」など数々の話題作を企画、プロデュース。カンヌ、ヴェネチアではレッドカーペットを歩き、ベルリンではアジア最高賞を受賞する等、世界3大国際映画祭に正式に参加。


【オーディション】
■資格
2018年4月2日(月)現在16歳以上健康な男女 稽古・本番まで都内稽古場に通い、責任を持って参加できる方(学校授業や行事等を休んでいただく場合が有ります) 過去に神田裕司さん演出作品に出演した方限定になります。オーディションは行いません。

■応募期間
2018年6月23日(土)19時まで。

■応募方法
神田裕司さん、アレス、ポパイ高橋に直接お申し込みをお願いします。

※許可が出るまではTwitterやFacebookなどのSNS、ブログ等には絶対に書かないでください。

 


【イベント内容】
■作品名
涙活朗読「人生の大切なことに気づく奇跡の物語2(一言のありがたさ)」

■公演日
2018年8月11日(土)12日(日)
※1日2~3公演、全4~6公演を予定

■芝居形態
朗読

■料金
前売/当日
1枚3,500円(予定)
※ドリンク代500円別

■会場
三鷹RIスタジオ
東京都三鷹市下連雀3-22-10 榎本ビルB1F


【稽古について】
■稽古場所
三鷹RIスタジオ ほか
東京都三鷹市下連雀3-22-10 榎本ビルB1F
JR三鷹駅南口から徒歩4分(さくら通り沿い)

■稽古日程
6月26日(火)13時~18時(顔合せ)
7月19日(木)13時~18時
7月26日(木)13時~18時
8月1日(水)13時~18時
8月2日(木)13時~18時
8月3日(金)13時~18時
8月9日(木)13時~18時
8月10日(金)13時~18時
※稽古日時については変更になる場合もあります。

■稽古費ついて
稽古費用負担は無し。 交通費、飲料代は自己負担。

■チケットノルマ
15枚
※5月公演に出演した方は、5月公演と同じ枚数になります。
※1枚~15枚200円、16枚~25枚は1,500円、26枚目以降は3500円のバックマージン(出演料)をお支払いします。
(例・20枚販売の場合、200円×15枚+1500円×5枚=10500円)


【お問い合わせ】
メール
info@seigetsu-entertainment.com
※なるべくメールでお問い合わせをお願いします。
電話(平日13時~17時まで/担当高橋)
050-5241-7828